calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

archives

無能の鷹 はんざき朝未さん

0

    どこで引っかかったか、アマゾン、

    何故だか、私が好きそうと思われたらしく、

    「無能の鷹」をお勧めされた。

     

    「今すぐお読みいただけます、無料アプリ」で読んでみて、

    アマゾンの計略に掛かり、

     

    「たまにはいいわね」で買って読んでみた。

    JUGEMテーマ:書評

     


    雨上がり月霞む夜 西條奈加さん

    0

      幻想的で切ない。

      一度読み終わって、雑に読んだ気がする。

      ちゃんと丁寧に読んだとは言えないなと、

      もう一度読もうかな〜と思いながら、

      最後のページを見ると。

      JUGEMテーマ:書評

       


      大川契り 善人長屋 西條奈加さん

      0

        善人長屋、気に入って第2弾の閻魔の世直しと買って読んで、

        2弾の忌まわしさ、血なまぐささにちょっと遠ざかっていたが、

        図書館が再開したことにより、

        「借りればいいか、借りて読んでみるか」

        大川契りを読んでみた。


        金春屋(こんぱるや)ゴメス 西條奈加さん

        0

          近未来の日本に、存在する「江戸国」

          鎖国制度を取っていて、

          入国の競争率は300倍とも言われていて、

          いったん出たならば再入国も難しく、その難関を突破し、

          幼き頃出国した江戸国に再入国する主人公のお話。

          JUGEMテーマ:書評

           


          烏金(からすがね) 西條奈加さん 

          0

            烏金、タイトルをさらっと通り過ぎると、

            「とりきん?」違うのです、鳥ではなく烏、

            からすがね、と読みまして、

             

            烏金とは、

            翌朝、烏が鳴くまでに返さなければならない金の意味、

            日歩で借りて、借りた翌日(翌朝)にすぐ返すという条件の高利の金。


            ストロベリーライフ 荻原浩

            0

              覚えろっていつも思う、

              荻原だったか、萩原だったか。

              私は、

              JUGEMテーマ:書評

              なんでいつも迷うのだろうか、

              おぎわら ひろし さんです。


              九十九藤(つづらふじ) 西條奈加さん

              0

                表紙に、九十九藤(つづらふじ)とふりがながあったが、

                ずっと、気にもせずに、

                つくもふじと読んでいた。

                 

                物語の中盤辺りに、

                「山中で、つづらふじに体を取られ」のような一節で、

                あの、植物の

                JUGEMテーマ:書評

                つづらかと、改めて表紙を見ると、

                本当だ、書いてあった。


                さまよえる古道具屋の物語 柴田 よしきさん

                0

                  JUGEMテーマ:書評

                  第1話「さかさまの物語」を読んで、

                  あ〜あ、又やっちゃった、これ読んだことあるわ。

                  でもね、せっかく買ったのだからと、

                  続いて第2話も再読する。

                   

                  続けて第4話まで読んで、第5話に移ると、

                  「え、そうだった?」

                  滅多に途中で読み止めることはないのですが、

                  この展開は、覚えていない。


                  ハートブレイク・レストラン ふたたび 松尾由美さん

                  0

                    ハートブレイク・レストラン ふたたびは、タイトルそのまま、

                    10年くらい前に読んだと思われる「ハートブレイク・レストラン」の続編

                     

                    東京郊外の、控えめの来店客数のファミリーレストランが舞台の

                    人の死なないミステリー、謎解きですね、且つ、短編集なので、

                    就寝前のひと時に丁度良いです。


                    善人長屋 西條奈加さん

                    0

                      JUGEMテーマ:書評

                      久しぶりにビックコミックオリジナルを買うと、

                      裏表紙に「善人長屋」コミック、の宣伝が出ていて、

                      原作、西條奈加とあり、

                      漫画でなく小説を買って読むことにした。

                      続きを読む >>

                      | 1/10PAGES | >>