calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

categories

archives

十二単衣を着た悪魔 源氏物語異聞 内館牧子さん

0

    「十二単衣を着た悪魔 映画化」

    ヤフーに出ていた映画の情報で知り、

    題名に惹かれて図書館で借りて読んでみた。

    JUGEMテーマ:書評


    もっと知りたいフェルメール―生涯と作品  小林頼子さん

    0

      熱海のモア美術館のレンブラントの自画像を見て、

      「この人、絵上手いですね」と友人が言い、

      「当たり前じゃない」と思ったのですが、

      絵描きだからうまいとは言えないのかと、

      次の瞬間に思いました。

      JUGEMテーマ:書評


       膠着 今野敏さん

      0

        今野敏さんと言うと、警察小説が有名なのですが、

        人に生き死に小説が嫌なので、

        私は専ら「とせい」「仁侠シネマ」などユーモア部門をしています。

        JUGEMテーマ:書評


        「仁侠シネマ」今野敏さん

        0

          「とせい(任侠書房)」「任侠学園」「任侠病院」「任侠浴場」とシリーズで読みました。

           

          「任侠浴場」では、

          こんなことで、再建できるなら、銭湯減ったりしないから!

           

          銭湯に通う私には、

          「知らないだろう、銭湯の事を。さらっと題材に良いからと、

          選んだだけだろう」と腹が立ち、

          もうこのシリーズを読むのは止めようと思った、のですが。

          JUGEMテーマ:書評


          雨月物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

          0

            西條奈加さんの、「雨上がり月霞む夜」を1回読んで、

            最後ページに、「雨月物語」上田秋成と出ていて、

            あ〜、雨月物語が下になっているのだと知り、

            読み返した。

            JUGEMテーマ:書評

             


            無能の鷹 はんざき朝未さん

            0

              どこで引っかかったか、アマゾン、

              何故だか、私が好きそうと思われたらしく、

              「無能の鷹」をお勧めされた。

               

              「今すぐお読みいただけます、無料アプリ」で読んでみて、

              アマゾンの計略に掛かり、

               

              「たまにはいいわね」で買って読んでみた。

              JUGEMテーマ:書評

               


              雨上がり月霞む夜 西條奈加さん

              0

                幻想的で切ない。

                一度読み終わって、雑に読んだ気がする。

                ちゃんと丁寧に読んだとは言えないなと、

                もう一度読もうかな〜と思いながら、

                最後のページを見ると。

                JUGEMテーマ:書評

                 


                大川契り 善人長屋 西條奈加さん

                0

                  善人長屋、気に入って第2弾の閻魔の世直しと買って読んで、

                  2弾の忌まわしさ、血なまぐささにちょっと遠ざかっていたが、

                  図書館が再開したことにより、

                  「借りればいいか、借りて読んでみるか」

                  大川契りを読んでみた。


                  金春屋(こんぱるや)ゴメス 西條奈加さん

                  0

                    近未来の日本に、存在する「江戸国」

                    鎖国制度を取っていて、

                    入国の競争率は300倍とも言われていて、

                    いったん出たならば再入国も難しく、その難関を突破し、

                    幼き頃出国した江戸国に再入国する主人公のお話。

                    JUGEMテーマ:書評

                     


                    烏金(からすがね) 西條奈加さん 

                    0

                      烏金、タイトルをさらっと通り過ぎると、

                      「とりきん?」違うのです、鳥ではなく烏、

                      からすがね、と読みまして、

                       

                      烏金とは、

                      翌朝、烏が鳴くまでに返さなければならない金の意味、

                      日歩で借りて、借りた翌日(翌朝)にすぐ返すという条件の高利の金。

                      続きを読む >>

                      | 1/10PAGES | >>