calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

categories

archives

着物 お手入れ難民

0

    たんす屋さんが近くにあり、2年ほど前、店を覗いたときに、

     

    「今月丸洗いのキャンペーンがあるので、

    お近くでしたら、お持ちください。

    悉皆やさんが来て見てくれて、

    格安で丸洗いできます。」と、

    ひとめで、買わない客、売り上げに繋がらないだろう私に、

    店長が声を掛けてくれ、「そうか」と後日持ち込んだ。

    JUGEMテーマ:着物 きもの

     


    白洋舎さんありがとう。

    0

      5年前に、手作りしたコットンシルクのガウン、

      洋裁教室の先生が、

      「洗濯しても解れにくいように」と考えてくれ、

      脇を折伏せ縫いにしたので、一本の糸も出ておらず、

      本体は傷んでいないものの、

       

      ここ1年くらいは、

      「なんか、全体に古びたな、くすんできた」

      ので、作り直すべく生地を探すも、

      中々思い通りの布、値段の物が見つからず。

      先送りとなっていた。


      共布で羽織紐

      0

        貧乏と検索すると、私の名前が出てきます。

        若しかすると、「明治の女」「質素倹約」でも、

        出てくるやも、知れません。

         


        隠しカーテンでECO

        0

          エアコンが廊下に向かって設置されおり、

          扇風機で空気を廻して、部屋に閉じ込めようとは、

          している、が。

          JUGEMテーマ:節約&エコグッズ

           


          長襦袢風着物下着、出来上がりました。

          0

            和裁教室で先生に、

            「みやぐちをね」言われると、

            脳内で、

            みやつぐち→身八つ口→あそこね、

            と、脳内で三段階認証となる。

             


            無双袖問題が役に立った。

            0

              シルクの洋服生地で、浴衣の型紙を買って、

              なんちゃって長襦袢を作成中。

              浴衣の型紙なので、勿論、

              無双袖の作り方が出ておらず、分からず、

              ネットを巡った。

               


              和裁 和洋裁 2本立て 

              0

                和裁教室では、母のお召を仕立て直し、

                自力では、戴きものの絹の布を使って、

                ミシン和裁、和洋裁で、長襦袢を縫っている。


                三歩進んで三歩下がる

                0

                  母の衣装箱にあったお召、

                  身丈も裄も短く、袖だけは長い。

                  羽織にするしかないかと思っていたが、

                   

                  「身丈、158cmでどうにかなる?」

                  「します、腰ひも下にすればいいんですよね」

                  「そう」

                  「大丈夫です」

                  で、進めた。


                  手暗がりもハズキルーペ

                  0

                    和裁教室で、先生に、

                     

                    「若いころ、縫物をしていると、

                    『そんな手暗がりで良く縫えるわね』って母に言われて、

                    手暗がりって、何?どうしてって思っていましたけど、

                    今、母の言葉を理解できます。

                    明るさが欲しいって、明るいところ探しますものね」と話すと、

                     


                    シルク洋服生地で長襦袢

                    0

                      夏服をしまっていると、

                      衣装箱に貰ったシルク生地を見つけた。

                      計ってみると、6m50cmある。

                      これって、長襦袢にできないか。

                      続きを読む >>

                      | 1/6PAGES | >>