calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

categories

archives

烏金(からすがね) 西條奈加さん 

0

    烏金、タイトルをさらっと通り過ぎると、

    「とりきん?」違うのです、鳥ではなく烏、

    からすがね、と読みまして、

     

    烏金とは、

    翌朝、烏が鳴くまでに返さなければならない金の意味、

    日歩で借りて、借りた翌日(翌朝)にすぐ返すという条件の高利の金。

    日歩、商業高校出身なので意味は分かりますが、

    それっこそ、久しぶりに聞いた言葉、単語。

     

    小説では、明けの烏が鳴いたころ借りて、

    暮れの烏が鳴く頃に返すとありました。

    主に、仕入れに使われていたらしく、

    高利だけど、日歩だから、小銭。

     

    自粛中は、図書館では借りられず、アマゾンでも欠品で、

    KINDLEならば読めたのですが、

    就寝前のひと時、タブレットでは読みたくない。

    ようやく手に入れて。

     

    業突く張りと言われる高利貸しのお吟さんに、

    押しかけ弟子入りか、

    押しかけ従業員なのか、となった、

    浅吉と言う若者の話です。

     

    高利のお金を借りる、借金まみれの旗本とか、

    売られそうになる娘や孤児たち。

    貧乏と借金返済に苦しむ人に、

    お金が回るよう知恵を与え、自分で生きていけるように、

    仕事の斡旋、貧乏借主の世話を焼く。

     

    九十九藤でもあったように、お仕事小説として

    私には、結末よりも、経緯が面白かった。

    どっぷり江戸時代ではないので、

    生粋の時代小説好きには、?でしょうか。

     

    私は一気読みしました。

     

    お顔だけのフェイシャル、頭だけのヘッドスパで満足ですか? 東京・表参道 青山全身美容室


    お顔だけのフェイシャルで満足ですか?かっさフェイシャル 青山全身美容室

     

    一生使いたい化粧品&通信販売

     

    公式サイト「素肌美人.net」

     

     

    にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へにほんブログ村 美容ブログ エステサロンへ