calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

アイフィールプリティ シネクイント 渋谷

0

    自分に自信がないぽっちゃり女子の主人公が、

    自信を得たことで輝きを増していく姿を描いたコメディドラマ。

    容姿にコンプレックスがあり、何事にも積極的になれないレネーは、

    ある日、自分を変えようと通い始めたジムでハプニングに見舞われ、

    頭を打って気を失ってしまう。目が覚めたレネーは、

    自分の見た目が絶世の美女になっていると思い込むようになり、

    性格も超ポジティブに。すっかり自信に満ち溢れた彼女は、

    仕事も恋も絶好調になるのだが……。

     

    公式サイトから、抜粋、

    映画館の観客は、8割女性で、

    残りの男性も、彼女、若しくは妻に連れられての、

    来場と思われ、女性の好きな映画でしょう。

     

    美人で創設者の祖母の会社を任されている、大手化粧品会社のCEO、

    だけど、声と話し方がちょっと変わっていて、

    「私MBA持っているのに・・・、話し方と声で・・・

    ボイストレーニングもしたのに、馬鹿っぽいって」

    軽んじられていると感じていて、

     

    そのCEOに憧れている主人公には、

    「?」理解不能なのですが、

    当事者になって見ないと分からないコンプレックスを抱えています。

    私のお気に入りは、

     

    醜くは無いけど、決して人目を惹く容貌ではない、

    地下の2人しかいないオフィスで働いていた主人公が、

    NY5番街の本社に行かなくてはならず、

    怖気づいている主人公に、こちらも冴えない同僚が、

     

    「私は出来る女」「私はブロンド」後一つ、忘れましたが、

    大きな声で、繰り返し、連呼させます。

    そうか、そうなんだ、

    やはり、アメリカでも、ブロンドは格上のようで、すね。

     

    上記のCEOに頼まれて、出張に同行する、

    自家用ジェットなのか、チャーター機なのかは分かりませんが、

    ハイヒールでスーツケースをひきながら歩く姿が、

    細いだけの美脚でなく、肉感的な美脚、膝下のラインが綺麗。

    生まれ持った、骨組みが綺麗なんですよね。

     

    若くない女性のぽっちゃりを、

    「大人体形」と呼ぶ、らしいです。

    そちらは、後日、改めて。

    後はね、最後のシーン。

     

    コメディと知らないで見たのであろうか、

    「私には、単館上映の映画のほうが」と酷評している、

    レビューもありますが、

    キャスト見て、あらすじ見て行くでしょう、普通。

     

    はっきり、高尚な映画ではありません、

    目の前にある、映像で、笑わせてくれ、

    最後まで、笑わせてくれました。

    私は、大満足、でした。

     

     

    お顔だけのフェイシャル、頭だけのヘッドスパで満足ですか? 東京・表参道 青山全身美容室

     

    お顔だけのフェイシャルで満足ですか?かっさフェイシャル 青山全身美容室

     

    一生使いたい化粧品&通信販売

     

    公式サイト「素肌美人.net」

     

    ナボカル、ジェナティック、エヴィデンス、ヤフーショッピング。

     

    にほんブログ村 美容ブログ エステサロンへ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青山・表参道・原宿情報へ